男性たち

憧れの貿易事務で働くためには|求人に関する情報を確認する

増加傾向にある募集

女性たち

神奈川県ではネイリスト求人は未経験者から経験者まで幅広くあります。ネイルサロンは増える傾向にあるので人材確保のためにスクール卒業生やブランクのある人などの募集も増えており、正社員やアルバイトなど採用は色々です。

もっと読む

建設業界で求められる事

面接

現場監督の求人に応募する際は資格を持っていると有利になります。特に土木・建築施工管理技士は現場監督の仕事を行う際に重要になる為、受験して取得するべきです。求人を探す際には建設業界用求人サイトを利用すると良いでしょう。これらのサイトを利用すると会社側からオファーが来る場合があります。

もっと読む

貿易の自由化が後押し

求人

異業種でも貿易を開始

貿易の自由化は世界的に一般的になっています。日本国内でも異業種参入などが盛んに行われている中、貿易に進出する企業も数多くいます。貿易を実施するにはそれなりの知識と経験が必要となります。貿易を専門に行う会社以外での求人も数多くあるのです。しかしこれらの会社では基本的に経験者を求人しています。また通関士などの貿易事務に特化した国家資格の持ち主などに限定されることも多くなっています。しかし派遣などでは無資格でも貿易事務に携わることができます。優遇されるためのポイントとして貿易実務検定を取得するなどすれば、求人に対応することができるようになります。貿易実務検定は、貿易に関する知識や能力を客観的に確認することができる検定なのです。

貿易実務検定で証明

貿易実務検定の有資格者は求人にも有利に働きます。特に貿易事務は貿易に関する書類に目通しすることも多く、作成する事も日常的に発生します。そのため貿易に関する実務レベルを評価できる資格を持っていることは有利に働くのです。検定試験は、C級、B級、A級の三種類あります。一番簡単なC級では貿易実務のすべてを行える証にはなりません。最低でもB級を取得している事が大事であり、履歴書に記入するのであれば、A級を所持していることが望ましいのです。A級は念二回の実施が成され難易度は極めて高くなっています。独学で学ぶことが難しいためスクールに通うなど対策が必要になります。しかし貿易事務の内容が反映されている試験になりますので、実務で活かせるレベルなのです。

英会話の勉強をしておこう

大勢の人

貿易関係の仕事に就きたい人は、事務職であっても英語ができた方が有利です。外国の人とやりとりする機会が多いからです。できないよりもできた方が断然お得です。また、いろいろな視点で求人を探してみましょう。貿易に関する知識は必須です。

もっと読む