建設業界で求められる事|憧れの貿易事務で働くためには|求人に関する情報を確認する
ウーマン

憧れの貿易事務で働くためには|求人に関する情報を確認する

建設業界で求められる事

面接

建設業界は資格が重要

現場監督の求人を探す際は主に建設業界の中から探す事になります。建設業界は大きく二つに分ける事ができ、土木系と建築系に分けられます。土木系は道路や橋梁、河川などの工事に携わり、建築系はビルや住宅といった建物関係に携わります。これらの業界で現場監督の求人に応募する際には資格が重視されます。土木・建築共施工管理技士という資格があり、それぞれに1級・2級があります。これらの資格試験は実務経験を積む事で受験する事が可能です。各工事の内容や規模によっては、施工管理技士の資格が無いと現場監督の仕事が行えない為、現場監督の求人に応募する際は重要になってきます。建設関係の指定学科以外でも大学を卒業して実務経験を積んでいれば、最短1年6ヶ月で受験する事が可能ですので、受験し資格を取る事をオススメします。

ポータルサイトの有用性

現場監督の求人探しをするなら建設業界用の求人サイトを利用すると良いでしょう。建設業界用求人サイトは他の一般業界向けの求人サイトと比較して、非常に使いやすい作りとなっています。エリア毎に検索できるのは勿論の事、新卒・未経験者、ベテラン、高収入といった様々なカテゴリーの中で条件で絞り込み検索を行う事が可能です。また、建設業界と言っても、土木・建築だけでなく、電気・空調設備や建設コンサルタントといった業種の求人も探す事が可能です。条件を入力する際に取得資格を入力しておくと、その資格に合った求人を検索出来たり、会社側からオファーが来る場合があります。オファーが来た場合は、筆記試験が免除され直接面接を受けられたりとメリットがある場合が多いです。